• 企業経営者の方へ会計事務所の方へ
決算は誰のためにあるのか

日々実践

変動費と固定費、業種業態の分類など、社長にとってちょうどいい「決算診断」です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先行きの見えない現状、今後の売上のこと、資金のこと、従業員のこと、・・・、社長は不安だらけです。こんな時だからこそ、会計事務所は社長を応援し続けることが大切です。
「数字や税務」は、会計事務所が「主役」です。しかし、「決算診断提案書」では、社長が「主役」であり、会計事務所は「聞き役」で、経営課題を社長と共に考えることができるのです。会計事務所は、社長の最大の応援団となるのです。