• 企業経営者の方へ会計事務所の方へ
決算は誰のためにあるのか

日々実践

会社の「事業承継」は 社長の思い、考え方が全てを決める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業承継者との対話不足で、失敗した!!

もし税理士が決算時に「決算診断提案書」を活用されていたなら…

 

税理士にとって「一番の強みは社長と肝心な話が出来る」ことです。社長は「いろいろな問題を抱えて、人に言えないことがある」。もはや税務の問題だけでなく、社長が安心して相談の出来る人、それが税理士なのです。

「経営計画や事業計画」するだけでは誰でもできる。ロマンと夢だけでは不安です。社長は真剣な経営をしている。「現在なくして未来はない」決算は根っこ。根を語っていく。決算を通してこれからの会社の在り方を考えていくのです。

●「過去と現在」を直視しないと未来に行けない!!
● 社長とのコミュニケーションは何よりも重要です!!
● 決算時に「承継者と共に」会社の現在から未来を考える。決算を知ることではじまる。
● 過去を無視した未来は危険で不安である。

●「決算診断」システムを会社にとって!会計事務所にとって!最大のチャンスです。
●「決算診断」システムは、「人の心を動かしていく」のです。

「目標計画や経営計画」をするだけでは誰でもできる。重要なことはロマンや夢を描くだけではないのです。
「過去を振り返り」未来へ進むために、現在「問題があると、それを課題化して、社長と共に考えていく」のが重要です。

過去と他人(他社)は変えられないが、自分(自社)と未来は変えられる。
「決算診断の意味」は、そこにあるのです。