HOME >> コラム >> 知財力 >> 商標権は2つの意味で会社を守る

コラム

商標権は2つの意味で会社を守る

 商標権は,2つの問題から御社を"守る"権利であるといえます。
 商標登録出願を行うことで,商標権を取得することができます。この商標権は,会社の社名や,商品の商品名,サービスを提供する店舗の名前などの商標を"守る"ことのできる権利です。このような商標権は,2つの意味で,会社を守っています。
 まず1つ目は,商標権を取得することで,他社が御社の商標を無断で使用しているときに,その他社の使用を差し止めることができます。この1つ目の意味は,商標権を取得するメリットとしてよく知られていると思います。
 そして,2つ目は,商標権を取得することで,御社は他社の商標権を侵害することなく,自社の商標を適法に使い続けて良いということが保証されます。反対に,商標権を取得しておかないと,他社に先に商標権を取得してしまう恐れがあり,その場合には,仮に他社が御社の商標を真似している場合であっても,御社は自社の商標を使い続けることができなくなってしまうのです。御社の事業を守るためには,2つ目の意味がより重要になるといえます。
 他社による商標の模倣を排除するということも大変重要ですが,自社が安心して商標を使い続けることのできる権利を確保することはより重要であるといえます。

« 特許で魅せる | 知財力

ページトップ