HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 問題は伝え方

コラム

問題は伝え方

忙しいとき、疲れているとき、心配事があるときなど、話が聴けないと追う時話は聴かないことにしています。このように申し上げると講座の参加者から、それは無責任ではないかと意見をいただきます。そのときはこのようにお伝えしています。「大丈夫です。そういう状態のときに聴こうとしてもどうせ聴けませんから、聴こうとしないほうがましです」。この発言を聴いたときの反応は2つに分かれます。その通りだと柔らかい表情で大きく頷く人と、信じられないと表情を硬くゆがめて首を横にふる人。

« 仕事にも感情はある | 傾聴力

ページトップ