HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考171

コラム

比較級思考171

株式投資は株式を購入してそこからキャピタルゲイン(売却益)やインカムゲイン(配当収入)を得ることが目標されます。そのため、どういう会社に投資をしたら良いのかという視点ばかりに目が向けられがちです。その意味で利益情報が中心となってしまいます。しかし、株式投資は、株価が上がることによって、利益を得る方法ばかりではありません。株価下落の局面でも利益を得ることが出来ます(信用取引による株式を借りて先に売却して、値段が下がったところで現物を買い戻して、現物で株式を返済するという信用売り)。そうなると、悪い会社をみつけて「この会社は売りだ」という情報も大切になります。良い会社は利益を見ますが、悪い会社は損失を見ます。利益に各種の利益があるように、同じだけの損失があります。それでは、利益情報と損失情報の関係はどうなるのでしょうか。

« 比較級思考170 | 会計力

記事編集] EDIT; }else{ } ?> ページトップ