HOME >> コラム >> 営業力 >> 「常識の中の奇抜さ」

コラム

「常識の中の奇抜さ」

 お客様が求めているのは人から「ステキね」と言ってもらうことです。みんながすでに持っているもでは話題になりませんが、あまり奇抜すぎるものも好まれません。「よく言えば個性的だけれど、悪くいえば物好き」では、だれも真似したくないので意味がないのです。最先端をさりげなく取り入れて自分のものにしているのが、さすがだ!と思われるように、色や形がちょっと変わっている程度、いわば「常識の中の奇抜さ」が必要なのです。

« 「代行業精神」で信頼を得る | 営業力 | 別れ際にも一工夫 »

ページトップ