HOME >> コラム >> 活性力 >> 新人の育成と資源化を考える

コラム

新人の育成と資源化を考える

 4月新年度の始まり、今年度の方針・目標は提示されているだろうか。環境は毎年変化している。その変化に対応することは、個々人も施設も一緒ですその変化を察知して経営者は方針をだし、スローガンを明示し、具体的な目標を提示することになる。またこの時期新人を採用された企業も多いでしょう。新人の教育、就職にあたって初期教育は大事です。職場のルール、職場の風土になじむうえで初期教育です。期待していたことと現実の職場があまりに違うとリアリティーショックを感じ、それを証明するように感じはじめやがて離職という現実は良く聞く話です。この時期、新人だけの問題でなく、企業にとって社内教育を見直すチャンスです。

« あきらめ世代 | 活性力 | リーダー育成と効果的な研修について »

ページトップ