HOME >> コラム >> 活性力 >> 「ひとつ上を目指そう」

コラム

「ひとつ上を目指そう」

1月23日の日経新聞をみると「日本政府は払うお金がなくなりつつある。今のままだと夏前に資金ショート。国会で予算法案が通らない場合だが、今の政治情勢では通る気配もない。そのため今年前半は大きな政局になると考えられる。成立のメドがついている法案は一つもない。国のお金は6月末か7月末には尽きる。計算上は公的サービスの停止も考えざるを得ない」とある。こんな状況下で企業経営はどうしたら良いのだろうか。この時期こそチャンスに切り替えるポイント。

« 「後始末について」 | 活性力 | 年度末における従業員との面接のすすめ »

ページトップ