HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考86

コラム

比較級思考86

原価計算は会計事務所にとって厄介な問題です。税理士試験の受験科目に会計学として、簿記論と財務諸表論があります。高校卒業の方が、税理士試験を目指そうとすると受験資格との関係で、日本商工会議所の1級合格が必要となります。日商1級は合格率10%位と厳しい試験であることと、試験科目に原価計算、それがかなり高度なものが含まれています。そのため、大学卒で税理士試験を目指す人は、ほとんどが日商簿記の2級までしかやっていません。日商2級の工業簿記は、簡単な原価計算であり、あまり役に立つとはいえません。この受験経路の違いがその後の原価計算への対応の違いとなってきます。価格が問題となるのは常に「それはいくらでできるのか」という原価計算意識が必要です。原価計算感覚を身につけるにはどうしたらよいでしょうか。次回考えましょう。

« 比較級思考85 | 会計力 | 比較級思考87 »

ページトップ