HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考78

コラム

比較級思考78

たしかに安いモノについては、これ「安い」ですよと言えば、良いので楽です。「安く」しておきますからお買い得です。というように安さだけで商売が出来るので、特別な営業はいらないようにも見えます。しかし、諺にもあるように「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」「安物は高物」のように安いものには、ろくなものがないのも事実。しかし、高ければ良いというものでもないし、価値のあるものを売る時、値段はどうしても高くなります。初めて見る人にそれは値段の高さばかり目が行きがちです。そして、認知度が低い時は「何故高いのですか」と聞かれる為、いちいち説明していかねばならない。この「いちいち説明」を何回も何回も繰り返すことによって、あそこの店が高いのは当然であり、他とは全然違うという事になるはず。高くても売れるという事は高さに見合う価値がある。説明不要の高さがブランドと言われる所以でしょうか。

« 比較級思考77 | 会計力 | 比較級思考79 »

ページトップ