HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考70

コラム

比較級思考70

約束を守る。口約束でも約束は、約束として、きちんと守ることの大切さは、わかったと思います。それでは、次に具体定な約束の中身を考えてみましょう。いろんな約束がなされますが、考えるべきです。諺の中で最も一番多いのが、お金の問題と時間の問題です。2つに共通するのは、数字として、はっきりわかる点があげられます。明確な約束違反が特定されるからです。そのため、お金と時間の約束は、信用を失わない最低限のマナーとなります。それでは、積極的に信用を得るためには、どうすれば良いでしょうか。相手の信頼を裏切らないという最低限の信頼だけでなく、より積極的な信頼を高める方策として何があるのでしょうか。お金と時間に付加価値をつけることで、より多くの信用を得る可能性があります。売買契約ならものとお金の期限内の交換です。それで終わったのでは最低限の世界です。物を買った人は、そのものを自分の生活や仕事の中で活かすことを考えているはずです。その生活改善なり、仕事改善なりに貢献できる物の売買という視点で見るとどうなるでしょう。これこそが付加価値といえます。今、テレビコマーシャルで家具のニトリの宣伝に「お値段以上・・・」というのが、それにあたりそうです。

« 比較級思考69 | 会計力 | 比較級思考71 »

ページトップ