HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考39)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考39)

「九牛の一毛」
 広辞苑によると、司馬遷『報任少卿書』「仮令僕法に伏し謀を受くるも九牛の一毛を亡うが若し」多くの牛の中の毛の中の1本の毛の意。多数の中の極めて小さい部分。取るに足りない小事をいう。会計では「重要性の原則」というのがあります。経営判断にあたっては、一定の単位があります。百万円単位なのか。千円単位なのか、1円単位なのか。この単位を無視して正確に細かい数字を出しても経営者は喜びませんし、意味もありません。そこで、「重要性の原則」がでてきます。経営者の判断基準を考えて重要性を考えてみましょう。

« 会計力とは何か。(比較級思考38) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考40) »

ページトップ