HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考40)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考40)

「渇しても盗水を飲まず」
 広辞苑によると、「盗水」とは、中国山東省泗水県にある泉。孔子は、その名が悪いのでその水を飲まなかったという。転じて、どんな苦しい境遇にあったとしても、決して悪事には手を出さないことをいう。今日でいうコンプライアンスのことで、いかなる状況にあろうとも法令順守は絶対的なものと考える必要がある。中小企業の場合、なかなか法令通りにやることは困難なことが多い。特にコスト面での負担を考えると、まともに法令通りにすれば、経営が成り立たない場合があるからと思われる。かつて従業員から預かった社会保険料を納付していなかったために、従業員が年金支給できなかったことがあった。残業代についても法令通りに支払えば労務費がかさみ、経営が困難になることが多い。しかし、どんな状況にあっても法令だけは守らなければならないことを経営者に自覚してもらうことが重要です。

« 会計力とは何か。(比較級思考39) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考41) »

ページトップ