HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 聴きたくない時、どう断るか

コラム

聴きたくない時、どう断るか

忙しいとき、気になることがあるとき、気分が悪いときに話しかけてきてもしっかり相手を理解するように聴くのは難しいことです。そういう状況のとき、どのように聴けばいいか質問を受けることがよくあります。そのとき必ず質問をします。「話、聴きたいですか?」すると「聴きたいか?そうではなくて私は聴く立場の人間ですから、聴かねばならぬのです」といった返ってきます。もう一度質問します。「そうではなくて、聴きたいでしょうか?」。すると、あなたもわからない人だなという表情で「聴かねば習いないんです!」と再び返ってきます。

« 自己開示する | 傾聴力 | 2つの要約を使いわける »

ページトップ