HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 2つの要約を使いわける

コラム

2つの要約を使いわける

「A→B→C→D→E」と流れの会話があったとします。その会話の大切な部分(主訴)が何であるか、ある人は「AとCとE」だと感じ、別の人は「BとDとE」と感じるという風に受け止め方は人それぞれ違います。そのためその場では表面的な事実の流れはお互いに了解取れていたはずなのに、のちのち解釈の違いがわかって驚いたというようなことが起こるのです。「要約」とは会話の中の大切な骨格部分を手短にまとめて相手に伝えることを言います。要約には2つの種類、「事柄の要約」と「気持ちの要約」があります。

« 聴きたくない時、どう断るか | 傾聴力 | フタをしない »

ページトップ