HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 相手の世界にとどまる

コラム

相手の世界にとどまる

1年前に人材育成の会社を立ち上げて独立したAさんは、ある会合で自身が抱えているいまの問題について語りました。「この1年無我夢中で頑張ってきました。すべてはご縁づくり、将来への種まきと思い仕事の選り好みをせず、大小に関わらず精一杯やってきたつもりです。おかげさまでまだ十分ではありませんが今日ここにいられるのは自分のやってきた方向性が間違っていないからと確信しています。ただひとつ問題なことは、この1年は相当精神的体力的に無理をしてきたので、このさき2年、3年と同じように効率を無視した働き方をするのは正直つらいということです。

« 心のバケツを軽くする | 傾聴力 | 聴き手は聴いてもらうと成長する »

ページトップ