HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 相手の決定権を尊重する

コラム

相手の決定権を尊重する

例えば「どうしたらいいかわからないのでアドバイスをください」と部下から相談を受けたとしましょう。忙しい中ではありますが部下からの頼みということで、時間を作りじっくりと相談にのってあげたとします。「どうしたらいいかわからない」という事だったので、自分の経験の中からいくつかアドバイスしてあげたら部下はすっきりした表情で「やってみます!」と元気に言って帰っていきました。一週間後。部下に会った際「その後どうなった?」と確認したら...。「いや、実は、何もできていませんで...」そんな風に言われたらどんな気持ちがするでしょうか?

« 質問よりくり返し | 傾聴力 | コントロールに注意する »

ページトップ