HOME >> コラム >> 傾聴力 >> プラス語を使う(2)自分を支える言葉を持つ

コラム

プラス語を使う(2)自分を支える言葉を持つ

前回、語尾をプラスにする習慣をつけるという話をしました。これは「やり方」の工夫です。人間の脳には最後に使った言葉が残ります。逆に言えば、語尾をネガティブにしたい自分自身がいるということです。これは「あり方」の問題です。たとえば仕事で大失敗をした時に、もちろん上司やお客さんも相当おこるでしょうが、もっと怒って攻めてくる人はいないででしょうか?それは自分自身です。「なんど同じ失敗をしているんだ!今回だけじゃないよな」「いつになったらできるようになるんだ!」「○○さんと比べて、全然できていないじゃないか!」

« プラス語を使う(1)語尾をプラスに | 傾聴力 | 傾聴する人に大切なこと(3)判断基準を自分に »

ページトップ