HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 願望に注目する

コラム

願望に注目する

若い社員が任せた仕事について「荷が重すぎてできません」と申し出てきたとします。任せたほうとしてはこの若い社員の成長のために必要と思い任せたわけですから、泣き言をいわず自力で乗り切って欲しいと思うでしょう。しかし考え方によっては今回は無理にやらせずあまりストレスを与えないよう配慮をし、信頼関係を保つという選択もあります。しかしやはりここで出来ないことを受け入れてしまったら若い社員の成長の機会を奪うことにもなりかねません。このような葛藤はビジネスでもプライベートでもよくあります。

« 聴く目的と手段を明確に | 傾聴力 | うなずき、あいづちのポイント »

ページトップ