HOME >> コラム >> 人間力 >> 青淵百話「有意味な仕事とは」

コラム

青淵百話「有意味な仕事とは」

いくつもの企業の設立、経営に関わり、いわゆる実業家と言われる部類に属する渋沢栄一でしたが、彼には、大金持ちになるのが悪いという持論があったようです。「平素"淡泊"を主義として世に処したいと考えて居るので、富を致すについても矢張淡泊を旨として居るからである」。なぜそう考えるのか、その根本には「一人が富を積んでもそれが社会万人の利となるわけでもない」ので無意義なものだ、というのです。

« 青淵百話「道理」 | 人間力 | 青淵百話「渋沢家家訓 1」 »

ページトップ