HOME >> コラム >> 人間力 >> 青淵百話 ?逆境処世法1?

コラム

青淵百話 ?逆境処世法1?

約500以上の企業の設立に関与し、日本の近代資本主義の父とも呼ばれる渋沢栄一。倫理と利益は相反するものではなく、相容れるものであるという「道徳経済合一説」を唱え、公のために尽くした偉人です。公益がまず優先で私益は一番あとに考える。公益を得られるが私益を得られない場合なら、迷わず私益を捨てて公益のために尽くすと言った渋沢英一。自己本位、利益優先、弱肉強食・・・現代の資本主義経済の有り様を彼が見たら、果たして何と言うでしょうか・・・。

« 戒語 | 人間力 | 青淵百話 ?常識の修養法? »

ページトップ