HOME >> コラム >> 人間力 >> 戒語

コラム

戒語

江戸時代後期の越後に、歌人、書家としても有名な良寛という僧侶がいました。地元では特に良寛さんとして多くの人に親しまれています。良寛は僧でありながらも生涯、寺を持たず、また小難しい説法を好まず、気さくに庶民と触れあい、誰にでも分かりやすい言葉で仏法を説いたそうです。特に子供を愛し、子供の純真な心こそが誠の仏の心であるとして、子供と遊ぶことを好んだそうです。

« 六科六行 | 人間力 | 青淵百話 ?逆境処世法1? »

ページトップ