HOME >> コラム >> 営業力 >> お客様の時間感覚を短くする

コラム

お客様の時間感覚を短くする

 最初のアピールポイントは、商品より営業パーソン自身。外見の印象や態度が、お客様にとっての商品価値になります。営業パーソン自身が商品と結びついて評価されるのです。
 そこで、「時間がもったいない」「君と話してムダな時間は過ごしたくない」と思われてはマイナスです。お客様に「この時間がムダになる前に先手で断っておこう」という心理を持たせないようにすることです。
 しかし、一瞬でもお客様が「ムダかどうか、判断してから断ろう」という時間差さえあれば、そこでアピールするチャンスはあります。

« 「将来予測」でお客様を説得する | 営業力 | 「所有欲」を刺激する »

ページトップ