HOME >> コラム >> 活性力 >> 人材の棚卸

コラム

人材の棚卸

 1月度の7つのポイントの内、今回はその中で「3」の育つ社員、突き抜ける社員、現場改善の社員について触れてみます。どの人材がどれくらいいるでしょう。棚卸する基準は二つあると思われます。1つは職務専門能力(成熟度)、2つは変化対応力(迅速な機敏性)、3つには管理能力とリーダーシップ。この3点から棚卸しますとタイプは以下のような9タイプが想定されます。
 1)未成熟な未来社員(新人)
 2)発展途上社員
 3)信頼できる専門社員
 4)優秀な専門社員    ・・、 この後は会員コラムを参照ください。

« 期待の明示 | 活性力 | 中小企業は個人に向き合う »

ページトップ