HOME >> コラム >> 活性力 >> 元につながる力―2

コラム

元につながる力―2

 生き働く元、「元」があるから「今」の私が存在し、企業経営を行えている。この元の人間関係には二つの軸があります。親、祖父母、曾祖父母と子ども、孫の縦軸の関係。そして、夫婦の横の軸の関係。縦と横の関係の中で人は人生を営んで生きます。すべての関係はこの縦軸と横軸から派生していきます。このことを感じるほど人はお蔭様で、というようになり、感謝の念が芽生えてくるのです。活力はこうした自覚から始まります。

« 優秀な経営者は過去・現在・未来に意識を振っている | 活性力 | 1日24時間の活性化と朝の活用 »

ページトップ