HOME >> コラム >> ネット力 >> Yahoo!JAPANとGoogleの提携による変化

コラム

Yahoo!JAPANとGoogleの提携による変化

 新聞各紙でも報道があったように、去る2010年7月27日、Yahoo! JAPAN(以下ヤフー)がGoogleと提携するという発表がされました。
↓ヤフー発表のリリース引用文
----------------------------------------------------------------------------
検索サービスにおいて使用している「検索エンジン(インターネットに存在する情報を検索する機能)」と、「検索連動型広告配信システム(検索キーワードに連動した最適な広告を検索を利用されているお客様に配信するシステム)」をGoogle Inc.(米国カリフォルニア州、米ナスダック上場、以下「グーグル」)のエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。
----------------------------------------------------------------------------
 この他の情報も含めて整理をすると、ヤフーの検索エンジンにGoogleが採用され、ヤフーの検索結果上部や右側などに表示されているリスティング広告にGoogle Adwordsが採用されるということです。検索結果の見た目や広告管理システムには、ヤフーなりのカスタマイズがされるということですが、ヤフーの検索結果(順位など)が大きく変化することに変わりはないでしょう。

« リアル化するネット、リアル化するメディア | ネット力 | ホームページの最終関門「送信フォーム」 »

ページトップ