HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考81

コラム

比較級思考81

価値と価格は全く異なるのでしょうか。無価値なものか否かは誰が決めるのでしょうか。ある社長と会話をした時のことです。高級な洋服とユニクロの洋服をくらべた場合、品質、素材のどれをとっても高級品は違うといいました。但し、その違いがどれだけの価格差になるのかという、はっきりしないしわからないと言いました。価値の違いと価格の違いが同じとは限らないというのは、その通りでしょう。家具の「ニトリ」の宣伝に「お値段以上・・・」という言葉があります。値段に見合ったどころか、値段以上の価値を提供しているということでしょうか。ある価格がたとえ高いと思われても、それが長い期間にわたって、続いていけば、それだけの価値があるということになるのではないでしょうか。長期間にわたって高い価格が続いているということは、価値の裏付けがあるのではないか。少なくとも世間の評価はそうではないかと思われます。

« 比較級思考80 | 会計力 | 比較級思考82 - 閑話休題 - »

ページトップ