HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考62

コラム

比較級思考62

「学問に王道なし」と言われるのと同じように「経営に奇策なし」が大原則です。基本的に経営は、長い期間にわたって、社会、顧客から支持・信頼されることにより、存続が可能となります。多くの人々から、長い期間にわたって、良い評価を得続けるのは、大変なことです。よく100年企業、200年企業といった、いわゆる長寿企業を参考にすることがあります。どうして、そんなに長く生き続けることが出来るのですか。誰もが思う疑問に対して、多くの企業は、正直・信用・三方よしといった「当り前」のことを「当り前」にやり続けることですと言います。それではこの「当り前」とは一体何なのか、わかっているようでわかりにくいのが、この「当り前」です。次回はこの点について、もう少し深く掘り下げて考えてみましょう。

« 比較級思考61 | 会計力 | 比較級思考63 »

ページトップ