HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考32)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考32)

日本語は大変便利です。その利用範囲も多岐にわたり、英語や中国語、ロシア語に比べて良くできています。文字の種類の多いこと、ひらがな、カタカナ、漢字と使い分けの出来る点。俳句、短歌、詩、小説と文章の長さもいろいろあります。諺は比較的短い文章ですがよくポイントを捉えていますので、多くの人々に共感を与えます。「論より証拠」「百聞は一見にしかず」「疑わしきは罰せず」「勘定あって銭足らず」......会計諺集を作ってみてはいかがでしょうか。次回からこれらを考えてみましょう。

« 会計力とは何か。(比較級思考31) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考33) »

ページトップ