HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考30)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考30)

短い時間で的確に相手の心をつかむ。ここで欠かせないのが「殺し文句」「キーワード」でしょう。小泉総理ではないですが、「郵政民営化、賛成か反対か」「反対するのは抵抗勢力」ワンフレーズで人々の心をつかみ、自民党を勝利に導いた人です。だまし打ちのようなフレーズでは、一時人の気持ちをつかむことはできても、長い間それをつかむことはできません。会計事務所と顧客との関係は、長期間の信頼関係です。
この点は忘れてはなりません。全ての尺度は信頼関係を基本とし、それにプラスになっているのか、利益よりも信頼を優先するスタンスが重要です。そして、その信頼にプラスするのが、短い心に響く言葉です。「殺し文句」や「キーワード」をいかにして考えて行くか、これが最大の課題です。

« 会計力とは何か。(比較級思考29) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考31) »

ページトップ