HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考28)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考28)

経営者は、一般的に孤独でさみしがり屋の人が多いと言われています。
従業員やその家族の生活を支え、社会の役に立ち、社会から受け入れられる企業とするために日夜懸命にがんばっているのが経営者です。そのような経営者、特に中小企業の場合、大企業と異なり同期入社での仲間という者もありません。更に、若くして経営者となった場合、学生時代の友人は仕事上の参考になりにくく、経営者の良き理解者を得ることは至難のワザです。そのため、経営者は孤独でさみしがり屋といわれるゆえんでしょう。経営者の悩む事柄は、人事・経理・営業・・・あらゆる領域に及びますので、それらを1人で全て解決するのは困難です。経済が右肩上がりの時代ならともかく、厳しい業績悪化に直面する場合の昨今は、特にそう感じます。経営者のこのような状況を前提として、会計事務所に何ができるのか。何をやるべきなのか。単なる決算書や申告書の作成を超えた役割について考えておく必要があります。

« 会計力とは何か。(比較級思考27) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考29) »

ページトップ