HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考22)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考22)

 本当に必要な仕事は何かを知るために役に立つのが、業務記述書です。
 これは、個人別に1日あるいは1週間、1ヶ月といった一定の期間の行動実績を報告して貰います。どんな仕事にどのくらいの時間をかけてどんな成果を出したのか。それを誰か確認したか。それが企業の経営目標を達成するためにどう活かされているのか。これを従業員に個人別に記入して貰います。これが業務記述書といわれるものです。
 これを作って貰うと、その人がどんな仕事をしているのか。その仕事は本当に必要なのかが分かります。そして、なんと不必要な仕事の多いことか。なんとつまらない仕事に多くの時間をかけているかが、かなり明確になります。

« 会計力とは何か。(比較級思考21) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考23) »

ページトップ