HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考21)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考21)

 前回の仕事の点検についての象徴的な出来事が、政治における「事業仕分け」です。行政改革の一環として、国の仕事の総点検を行おうとしたものです。蓮舫議員や板野議員による「役人いじめ」の観を呈したあの「事業仕分け」です。悪人をとっちめる正義の味方のようなかっこ良さばかり強調されますが、結果としてみれば、浮いたお金はわずかで、見るべき成果があがっていません。どこに問題があるのでしょうか。不要不急な仕事は何かを見つけることですが、これが意外と難しい。どうしたら良いのか次回考えてみましょう。

« 会計力とは何か。(比較級思考20) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考22) »

ページトップ