HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。(比較級思考17)

コラム

会計力とは何か。(比較級思考17)

 中小企業のオーナー経営の場合、会社が赤字でもオーナーに他の所得があり、それで十分生活でき余力がある場合、それを会社へ貸し付けて赤字を補填するケースがあります。このケースには2種類あり、給料(役員報酬)が全く取れないか、又はわずかしか取れない(会社の支払い能力が著しく低い)場合、いわゆる本格赤字会社と、給料(役員報酬)を高額に取りすぎ(会社の体力以上の支払)た為赤字に陥り、その赤字を補填するためにオーナーが会社に資金を貸し付ける場合です。前者の場合には、中長期的には事業廃止の問題に進んでいきますが、後者の場合は赤字分を給料(役員報酬)の引下げで対応していけば良いでしょう。問題は本格的な黒字会社のケースです。ここではそれだけの役員報酬を取るのが適切かを知るために、付加価値分析が重要になります。

« 会計力とは何か。(比較級思考16) | 会計力 | 会計力とは何か。(比較級思考18) »

ページトップ