HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 将来を心配する親。今を認めてほしい子供

コラム

将来を心配する親。今を認めてほしい子供

ある朝小学校に向かう娘を見て言いました。「ジャンパー着ていきなよ」。気温10度を下まわりそうな寒い朝に娘はフリース1枚で学校に向かおうとしていたのです。風邪をひいてはいけないと思っての声かけに、娘は間髪いれず「いらない」と一言。「でも風邪をひいたら...」と言いかけたところでやめました。あまりにもそっけない態度に感情的になってきたのを感じたからです。「娘のため」と思って言った一言は、本当に「娘のため」になっていたのでしょうか?

« フタをしない | 傾聴力 | 仕事にも感情はある »

ページトップ