HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 当てようではなく、わかろうとする

コラム

当てようではなく、わかろうとする

"人の心理がわかる"とは専門の知識や技術を使って推測することではありません。それは大切な見立て(予想、分析・・・)ではありますが、目の前の人が伝えたいことをわかっているかどうかは別のことです。人が話すのには必ず理由(わけ)があります。その人がその言葉を使うことにも、そのような感情を出して語っているのにも必ず理由があります。理由を詮索するよりもまず、「理由があってこのように話しているのだろうなぁ」と今目の前で繰り広げられているその人の世界をそのまま受け止めましょう。

« 聴き方の癖 | 傾聴力 | 聴く目的と手段を明確に »

ページトップ