HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 傾聴技術と感性

コラム

傾聴技術と感性

傾聴の練習の仕方には様々あると思いますが、タイプに分けて大きく分けて二つの視点があります。「技術を形から学ぶ(技術)」と「感じているものを明らかにし、表現していく(感性)」です。傾聴は話し手の気持を共に感じながら、主に言葉を使って関わっていくので結局は技術と感性の調和を目指していくわけですが、例えば比較的理屈が先にあった方がわかりやすいという人は技術から、感性が豊かで理屈抜きで感じたものを大切にしたいという人は感じたことを表現する訓練から入るとスムーズに練習に入れるかもしれません。

« 相手の想いに近づく | 傾聴力 | 被災者に接する傾聴 »

ページトップ