HOME >> コラム >> 傾聴力 >> 傾聴の効果

コラム

傾聴の効果

私の考えですが傾聴には狭義の傾聴と、広義の傾聴があると思います。狭義の傾聴とは日常的な会話の中で相手の精神的な世界を尊重するきき方、いわゆる"聴き上手"で、広義の傾聴はそこに危機介入、課題の明確化、支持等のカウンセリングに必要な知識と技術を加えたものです。ではきき上手であれば簡単になれそうかというとそうでもありません。広義の傾聴までが傾聴の法則(8聴いて2関わる)で2関わるが含まれるので、聴き上手であればほぼすべてが聴く技術ということになります。

« 「うなずき、あいづちの効果」 | 傾聴力 | 「技術と姿勢」 »

ページトップ