HOME >> コラム >> 知財力 >> 画期的な発明と簡単な発明

コラム

画期的な発明と簡単な発明

 「誰も思い付かないような画期的な発明」と「誰でも思い付きそうな簡単な発明」とでは,特許を取得したときに,どちらの方がより価値が高いでしょうか?
 「特許発明」と聞くと,"技術的に高度に進歩した今までにない斬新な発明"といったようなイメージを持たれる方が多いと思います。もちろん,数ある特許発明の中には,画期的で斬新な発明もありますし,そういった発明の方が特許を取得しやすいことは事実です。また,画期的で斬新な発明を特許権で保護することは,非常に大切です。
 しかしながら,特許発明の多くは,従来の発明をちょっとだけ改良した比較的簡単な発明であるといえます。つまり,画期的で斬新な技術的効果がなくても,従来発明と少し違う点があるだけで,特許を取得することができます。
 そして,「誰でも思い付きそうな簡単な発明」について特許を取得することは,「誰も思い付かないような画期的な発明」について特許を取得するよりも,特許戦略上,価値が高いといえます。

« 知財力で大企業と渡り合う | 知財力 | 特許で魅せる »

ページトップ