HOME >> コラム >> 活性力 >> 2・6・2の法則

コラム

2・6・2の法則

 前回の法則の話に引き続き、今回は、「2・6・2」の法則について。従来、言われてきたことですが、組織の中の人材をみると、2割の人財、6割の人在、2割の人罪ということでしょうか。これまで数百社の継続的な社員教育のコンサルティングを行ってきた経験からしてうなずけることです。全員が意欲的に積極的に成果を出すような社員にすることが望ましいことはいうまでもありません。しかし、現実は2・6・2の原則が働くことは間違いないのです。これも自然の法則です。組織の維持は主体的で創造的な2割をいかに育成するかにかかっています。

« 因果の法則と85:15の法則 | 活性力 | 年初の方針発表 »

ページトップ