HOME >> コラム >> 活性力 >> 現場活動のサイクルとコミュニケーションの意義

コラム

現場活動のサイクルとコミュニケーションの意義

 職場活動を活性化することを考えた時、以下の6つの要件が考えられます。
1.問題意識・危機感 2.価値観の共有化 3.共通目標の共通認識 4.スタッフ間の信頼関係
5.個々人別のアプローチ 6.向上心と達成感のあるなし。さてどうでしょう。課題明確にするために以下のサイクルで考えて見ましょう。職場活動はP-D-Sで動いています。さらに現場の品質管理はP-D-C-Aで動いています。そのサイクルは、Q-F-C-M-Sのサイクルで動いています。

« 企業現場は道場だ! | 活性力 | ミーティングに時間はかけない »

ページトップ