HOME >> コラム >> 活性力 >> 「怒りを感じてみよう」

コラム

「怒りを感じてみよう」

 人の心の働きは、「考え、感じ、動く」ことの三つに要約されると思います。この内、最も強いエネルギーを持つのが「感じる」機能です。理屈抜きに経営者のために、会社のためにと思うとき、その背景には経営者に対するある感情が動いています。あるいは怒りから殺人まで起こすこともあります。人間の感情は強く逞しいエネルギーを蓄えているのです。この人の持つ感情を理解して上手に活用するところに職場の活性化も考えられます。

« 「猛暑がつづく今年の夏⇒認知の変換」 | 活性力 | 「創造力と思考法を考える」 »

ページトップ