HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考153

コラム

比較級思考153

我々の経済活動は、一定の前提条件の下で行われている。しかし、時としてその前提条件に疑問符が投げかけられることがある。前提条件というのは、理論なり、原理なりの基礎ともいうべきものであり、あって当然のものでもある。例えば、会計の世界では、①企業実体の公準 ②継続企業の公準 ③貨幣価値一定の公準 というものが前提とされている。しかし、時には企業自身の状況から上記の会計公準の枠外に出てしまうこともあるし、企業そのものは変化なしとしても、企業を取り巻く現場の変化か上記の前提に変化を求める場合もある。

« 比較級思考152 | 会計力

記事編集] EDIT; }else{ } ?> ページトップ