HOME >> コラム >> 会計力 >> 比較級思考56

コラム

比較級思考56

「会計のIT化」「税務のIT化」は、会計事務所の顧問先喪失、顧問料の低価格化の大きな流れを加速化させるのでしょうか。経済社会を見るとき、今の経済状況がどうなっているのかをしっかりつかまえることが大切です。世界的規模での市場経済化、規制緩和の進展の中で生じた現象は、二極化問題です。競争には必ず勝者と敗者が出来ます。その結果、勝ち組と負け組に分かれます。経済的強者と経済的弱者は豊かな人、貧しい人に分かれます。少数の勝ち組、富裕層の誕生と多数の負け組、貧困層の誕生です。これを放置すると社会不安が増長し、やがては革命がおきます。そのため、経済的不平等を政治が解決する仕組みとして登場したのが民主主義です。安定した社会を作るための政治における民主主義、選挙制度、1人1票の原則がこの負け組救済に登場します。セイフティネットや分配の公正、弱者救済等の問題です。勝ち組も負け組もともに発生するのが経済社会の現実です。しかし、それを放置しないところが政治のあり方です。

« 比較級思考55 | 会計力 | 比較級思考57 »

ページトップ