HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。比較級思考(11) - 閑話休題 -

コラム

会計力とは何か。比較級思考(11) - 閑話休題 -

 おもしろい本が出ました。「決算書で読む企業と業界力」 国貞克則著 ベスト新書(KKベストセラーズ)刊。最近は、会計本が巷でよく売られていますが、その多くは税理士、会計士といった会計専門家によるものが多いのですが、本書は会計専門家でない人が書いた会計本です。この著者には、すでに「財務諸表一体理解法」「財務諸表一体分析法」があり、P/L、B/S、C/Sといった財務諸表の見方、考え方の決定版となります。会計情報の究極の利用者として、経営者の視点で見たらどうなるかを業界別、企業別に比較級思考で分析しています。是非、確定申告が終わった時期の一休みを利用して読んでみてはいかがでしょうか。会計の専門家が書いた会計本は、一般に余りおもしろくありません。逆に会計のアマチュアが書いた本がかえって新鮮に見えます。製薬業界、海運業界、自動車業界といった様々な業界を通して、企業を比較する視点は重要です。NTTとトヨタを比較しても余り意味がありません。

« 会計力とは何か。比較級思考(10) | 会計力 | 会計力とは何か。比較級思考(12) - 閑話休題 - »

ページトップ