HOME >> コラム >> 会計力 >> 会計力とは何か。比較級思考(5)

コラム

会計力とは何か。比較級思考(5)

 中小企業の会計の特質は、一言でいえば、個人の会計の延長ということです。もちろん、中小企業といっても、家族だけの2?3人だけでやっている会社から、100人以上も使っている会社まで多岐にわたっています。しかし、大多数の中小企業は、他人を使用していないか、使用していてもアルバイトを3?5人程度の所が多いと思います。典型的な中小企業は、こんなものでしょう。そこでは、会社とは名ばかりで、個人が主体となって、個人の為に会社があるような状況です。そのため、公(会社)私(個人)混同が多く見られ、オーナーと会社との取引が不明瞭になりがちです。会計事務所としては、この点は、きっちり区別するように指導すべきでしょうが、資金が足りない時には、銀行融資が間に合わないと個人からの借入に頼らざるを得ないし、役員の給料の不払、減額によって、調整することもあるかもしれません。中小企業には、大企業に見られないいくつかの特色があります。これを無視して比較してみても意味がありません。

« 会計力とは何か。比較級思考(4) | 会計力 | 会計力とは何か。比較級思考(6) »

ページトップ