HOME >> コラム >> 心理力 >> ほめ上手は頼られ上手(2)

コラム

ほめ上手は頼られ上手(2)

ほめ上手な人は、相手の価値を認めます。すなわち、相手の「良いところ」によく気づき、上手に表現します。人は皆何かしらすばらしい、良いところを持っているものです。それを認めて口にすることが、その人を生かすことになります。温かい言葉、励ましの言葉、労いの言葉は人に勇気と自信とやる気を起こさせるものです。次の行動にかりたてる推進力にもなり、成長の原動力にもなるものです。心理力<しんりりき>を生かす具体的なほめ方の6ポイントを確認しましょう。

1.事実についてほめる
2.具体的にほめる
3.オーバーにほめ過ぎない
4.ほめるタイミング
5.間接的にほめる
6.場所を選ぶ

« ほめ上手は頼られ上手(1) | 心理力 | 上手に自己表現するための心理力 »

ページトップ