HOME >> コラム >> 人間力 >> 菜か芥子か

コラム

菜か芥子か

「菜か芥子か 種まく手元わかねども 花さくときはいちじるきかな」
二宮尊徳が詠んだと言われる道歌です。道歌とはつまり、道を教える歌のことで、農村復興に力を注いだ二宮尊徳が、農民にもわかりやすいようにと工夫して詠んだものです。この歌はそのうちのひとつで、他にも多数の歌が存在します。

« 益者三友、損者三友 | 人間力 | 啓発 »

ページトップ