HOME >> コラム >> 人間力 >> 修身

コラム

修身

 薪を背負って、本を読みながら歩く姿と言えば、誰もが思い浮かべるでしょう。幼い頃の艱難辛苦を乗り越え、常に学ぶことを忘れず、たゆまぬ努力と実践を積み重ね、多くの人々を救い、ついには歴史に名を残す偉大な人物となった二宮金次郎尊徳。彼の偉大さの根源はどこにあるのか考えてみたところ、どうやら薪を背負って歩きながら読んでいた本にそのヒントがあるようなのです。

« 意志が初めの一歩 | 人間力 | 楽しむ »

ページトップ