HOME >> コラム >> 人間力 >> 利益と心

コラム

利益と心

企業は継続して社会の役に立ち続けてこそ存在意義があります。継続するためには利益が必要です。ですから企業が利益を上げようとする行為は正しいことです。人間が呼吸しないと生きられないように、企業も利益を上げないと生きられないのです。しかしこの利益がくせ者です。どうやら、ただ単に利益があがっていれば良いというものではなさそうなのです。

« 人を用いるのは人 | 人間力 | 気持ちをくむ »

ページトップ