決算診断とは
決算診断とは
はじめに社長の目で見る決算書経営課題の通信簿会社の数字

 

税理士は「税務の唯一のプロフェッショナル」だけではないのです

成熟社会の中での税理士・会計事務所
税理士は、税務代理・税務書類の作成・相談等の税務を行っています。

しかし、日本の企業の99.7%を、占める中小企業の良きパートナーとして、
さまざまな、経営相談等に応じています。企業経営ではもちろんのこと、
日常生活に社会に影響を与え、税理士のビジネスチャンスは、尽きることはありません 。



税理士は、顧問先企業の「数字」を全てつかんでいます。
それを「試算表・決算書」を作成し、顧問先企業の、重要な部分を把握しています。

「税理士・会計事務所」の一番の強みは何か。
「経営者といつでも会える、話をすることが出来るのです」
「決算時は経営者は時間をさいて待っているのです」
経営者とのコミュニケーションが「何よりも重要です」

 

経営者は、税務会計だけでは、物足りないのです。経営者は「決算書」に最大の関心を

持っているのです。
「決算書を解説する」決算診断提案書の意味は大きい。

「決算診断提案書」は、日本唯一の決算診断システムです。
「決算診断」をよくご覧ください。
そこに「決算診断実践会」があるのです。